トップページ > スタッフコラム > 湯浅(営業) > キッチン② ~種類編①~

スタッフコラム

2019.05.07

キッチン② ~種類編①~

皆様、こんにちは!湯浅です。

 


 

皆様、キッチンには様々な形、種類があることはご存知でしょうか?

 

キッチンはライフスタイルやお部屋の間取り、

現在使用されてる家具や家電等により、

形を選定することがオススメです。

 

キッチンは大きく分けると4パターンございます。

①対面I型キッチン(オープンキッチン)

②セパレート型キッチン(Ⅱ型キッチン)

③L型キッチン

④壁付けキッチン

上記の4パターンが一般的なキッチンの形です。

 

この他にも⑤アイランドキッチンや

⑥ペニンシュラキッチンというものも在りますが、

一般的なご家庭に多く使用されている

①~④についてご紹介させていただきます。

※今回は①と②をご紹介致します。

 


 

①【 対面I型キッチン 】

 

・キッチンスペースを隠せる。

→上記④、⑤、⑥のキッチンは

 キッチンスペースに置いている物が丸見えになってしまいます。

 それらに比べ、①はカウンターを設けているため、

 キッチンスペースの生活感を隠すことが出来ます。

 ※カウンターには調理時に便利な位置にコンセント等も設置可能です。

・お子様やテレビを見ながら調理可能。

→名前の通り、リビングやダイニングスペースに対面しているので、

 お子様が遊ぶ姿やテレビを見ながら調理が可能です。

・1番良く使用されているキッチン。

→良く使用されているということは、

 お買い求めていただきやすいこともメリットの1つです。

 

②【 セパレートキッチン(Ⅱ型キッチン) 】

 

・作業スペースを設けやすい。

→シンクとコンロが分かれており、作業スペースが広く設けられているため、

 複数人で調理される際にも作業がしていただきやすくなっております。

・調理に集中しやすい。

→壁に向かって作業することが出来るので、

 集中して調理を行っていただけます。

 


 

上記①と②のキッチンは対面オープン型と言われ、

お子様がおられるご家庭や

コミュニケーションを取りたいというご家庭に多く使用されており、

大変使い勝手の良い人気のキッチンです。

 

少しでもキッチン選びの材料にして頂ければと思います。

 

もっと詳しく知りたい、メリットだけでなくデメリットも知りたい等、

皆様からのたくさんのご相談をお待ちしております。

 


 

CONY HOUSEへの来店予約はこちら!

 

来店予約

ページの先頭へ

Copyright (C) CONY HOUSE, All Rights Reserved.