トップページ > スタッフコラム > 池田(営業) > 建ぺい率・容積率とは・・・

スタッフコラム

2018.06.11 NEW

建ぺい率・容積率とは・・・

 

皆様こんばんは!池田です!!

 

今日は建ぺい率・容積率についてお話します!

 

建ぺい率とは、その土地のどれほどを建物用に使えるかを表したものです。

建ぺい率の数字が大きいほど、建物に使える面積が広くなるため「土地の利用価値が高い」と言われています。

また、建ぺい率の数字が100%など、数字が高いところは隣の建物同士がくっついていても違法ではないため、家同士の隙間が狭いということもあります。

 

容積率とは、その土地に建設できる建物の延べ床面積のことです。

延べ床面積とは床面積の合計のことです。

2階建てなら1階と2階の床面積の合計の数字になります。

そのため、土地に対して何階建ての家を建てることができるのか定める基準にもなります。

また、「玄関」「バルコニー・ベランダ」「ロフト」は延べ床面積に含まれません。

 

建ぺい率と容積率はセットになっていることが多く、土地に対する大事な目安になります。

 

 

 

住宅の相談も受け付けております!

今月もイベントを行いますのでぜひ足を運んでください!

 

CONY HOUSEへの来店予約はこちら!

来店予約

ページの先頭へ

Copyright (C) CONY HOUSE, All Rights Reserved.